ホテルライクインテリアは、
2つのモデルをご用意しています。
どちらも 自信をもっておすすめ致します。

商品名700FPハンガリー産ホワイトグースダウン800FPポーランド産ホワイトマザーグースダウン
フィルパワー700FP800FP
ダウングースダウンマザーグースダウン
ダウン産地ハンガリーポーランド
洗浄・縫製日本日本
生地400TC 80番手 スーピマ綿(世界三大コットン)450TC 120番 インド綿100%

ご存じですか?羽毛布団をえらぶ基準
妥協せずよいものをお探しの方へ

700FP羽毛布団 ホテルライクインテリアの日本製羽毛布団

羽毛製品を選ぶ時の大切な3つのポイント
ダウン・グース・2大産地

羽毛製品を選ぶ時の大切なポイント

よい羽毛布団選びの第一歩は、中綿の種類はダウン・水鳥の種類はグース(がちょう)・ダウンの産地はポーランドかハンガリーであること。だから、ホテルライクインテリアで採用するダウンは、ポーランド産・ハンガリー産の美しい白さのホワイトダウンです。

①ベストチョイスはダウン
フェザーではなくダウンであるべき

ダウン 軽やかでふわふわ

ダウンは羽毛、フェザーは羽根のこと。ダウンはフェザーに比べてやわらかで軽やか、高いクッション性があります。肌触りもふんわりと包み込まれる心地よさです。

ふわふわの羽毛 フェザーよりもダウンがよい

フェザーは軸があり、ダウンに比べてごわごわとして保温性・肌さわり・柔らかさが劣ります。羽毛布団のには、賢い選択ではありません。心地よく快適でよい眠りにするのなら、羽毛布団にはダウンを選ぶのが正解といえます。

②ダウンの品種はグースであること
グースダウンを選ぶこと

グースダウン

グースはがちょう、ダックはあひるです。体の大きいグースはダックよりも大きなダウンが採取できます。一般的に、グースダウンはダックダウンよりも膨らみがよく弾力性に富み、保温性・保湿性もよいと言われます。

グース ガチョウ と アヒル ダック

③2大産地のダウンならまちがいなし
羽毛生産の歴史があるポーランド、ハンガリー

国旗

厳しい寒冷地 ハンガリー ポーランド

高い信頼と評価のダウン

日本に輸入されているダウンの産地は数ありますが、なかでもハンガリー産やポーランド産の羽毛は良質と高く評価されています。その理由は、古くから羽毛の生産の歴史があり、国の管理体制がしっかりとしているからです。無理な採取はせず、生産量も限られ、とても希少です。

寒暖の厳しい地の良質ダウン

一般的に、ダウンは寒暖差の激しい寒冷地で育った水鳥から採取されたものが良質といわれます。ハンガリーは日本の北海道と同じ緯度に位置し、ハンガリーの北に位置するポーランド、両国とも寒暖さの激しい気候です。

さらによいものを選ぶ2つの判断基準
見極めてください

忘れてはならない「羽毛の膨らみ」と「羽毛の種類」について詳しくみていきましょう。

羽毛の膨らみを表す「フィルパワー」

フィルパワー

フィルパワーとは、ダウンのふくらみを数値化した単位です。一定の温度・湿度の条件下で、28グラムのダウンが何立法インチに膨らむかを測ります。

数値が高いダウンほど、空気を含み大きく膨らみます。つまり、少ない量で大きく膨らむので軽く、空気の断熱効果で保温性に優れています。

数値600以上が上質
700~800のものは最良と言えます。

羽毛布団の縫製も丁寧 ホテルライクインテリアの羽毛布団

グースダウンの種類
「グースダウン」か「マザーグースダウン」か

マザーグースダウン

グースダウンにも種類があります。しっかりと成長した親鳥であるマザーグースはより大きなダウンが採取できます。

マザーグースダウンの魅力

ダウンが大きいほどダウンボールも大きくなります。つまり、保温性・弾力性・膨らみが大きくなるということ。成長し親鳥となったマザーグースのダウンは、大きくしっかりとしていて丈夫、へたりにくいのです。さらに、マザーグースダウンは、全採取量に占める割合は少なくとても価値ある羽毛です。

表示切替: 並び順: 在庫:
6件中1件~6件を表示
6件中1件~6件を表示

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

アウトレット


刺繍サービス800円


SALE情報配信します




メディア掲載


カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 配送はお休み致します

営業時間10:00~18:00(土日祝日をのぞく)

ページトップへ