店長日記

ベッドメイクはどちらがお好き?ヨーロピアン or アメリカン

皆さん、こんにちわヾ(@°▽°@)ノ いかがお過ごしですか?


今日は、ベッドメイクについてお話していきますクラッカー

たとえば、掛け布団(羽毛布団)を使う?アッパーシーツはどうする?このように、色んなベッドメイクをご紹介しちゃいますね!


では、最初に興味深い歴史の話を1つ・・・耳


14世紀のヨーロッパでは、ベッドは裕福さや社会的ステータスを表し、家具の中でもとても重要な位置を占めていたそうです

また、古代エジプトでも様々な装飾がベッドに施されていました。

つまり、昔も今もベッドメイクはインテリアコーディネートの中心というわけです。すごーいドキドキ


色んなベッドメイク方法がありますが、比較的お手入れしやすいのが

ヨーロピアンスタイルのベッドメイクですべーっだ!



ちなみに、特徴はこちらですラブラブ


<ヨーロピアンスタイルの寝具>

§ トップ:掛け布団カバー(羽毛布団カバー)

§ ボトム:ボックスシーツ 


おっと、アメリカンスタイルもありますヾ(@^(∞)^@)ノ


<アメリカンスタイルの寝具>

§ トップ:ブランケット

§ ミドル:フラットシーツ

§ ボトム:ボックスシーツ


このように、2つを比較してみると日本はヨーロピアンスタイルというわけですね。でも、アメリカのベッドメイク法も便利ですよ。

フラットシーツはブランケットを清潔に保つためのものですが、ブランケットを掛け布団に替えればフラットシーツを使わないため、朝急いでベッドメーキングをしなくてもすみます。これは主婦も喜ぶラブラブ!


シーツのしわや角が整っているかなんて、もう気にしなくてもいい!

その上、洗濯物も一枚減るのでラクチンです。


でも、ヨーロピアンスタイルのベッドメイクにも良い点が♪

1番は季節の変化にも対応できるところです。

温かい時期はシングルの夏用掛け布団をかけ、寒くなってきたらもう一枚上に重ねてしまえばいいのです(-^□^-)

十分に温かいうえに、複数の掛け布団カバーがデコラティブな印象を作ってくれるのです。これは、嬉しい!!


まず、ヨーロッパではフラットシーツを使用する習慣はありません。

これは、日本と同じですドキドキ


クオリティーの高いオーガニックコットンで作られたシンプルなボックスシーツと、掛け布団カバーで充分です。


ここが最大のオススメポイントですチョキ


ホテルライクインテリアではフラットシーツを使ったアメリカスタイルでもヨーロピアンスタイルでも、どちらのスタイルにもあう美しい製品を用意しております。

アメリカスタイルのベッドやボックスシーツ、掛け布団カバーも豊富に取り揃えていますよヾ(@^▽^@)ノ


もうこれは、買い揃えるしかないでしょラブラブ

コメントする

名前

URL

コメント

商品カテゴリ

アイテムで選ぶ

セットで購入する

15時までのご注文で即日配送

サービス

キャンペーン

アウトレット


刺繍サービス


SALE情報配信します




メディア掲載


カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 配送はお休み致します

営業時間10:00~18:00(土日祝日をのぞく)

ページトップへ