お手入れについて

商品のお取り扱いについて

  1. 洗濯機の使用について
  2. ・最初に使用する前に、一度前洗いをしてください。さらに柔らかくなります。

    ・他の衣類とは別にし、また明るい色と濃い色も別々にして洗濯をしましょう。


    また、生地を傷をつけてしまう可能性のあるもの(ジッパー、フック、金属、パーツ)を含んだ衣類も別にします


    レースや刺繍付きのデリケートなアイテムは、大きな、薄手の洗濯ネットに入れて洗ってください。 ピローケースや羽布団カバーは、レースを保護するために裏返しにして洗ってください。


    洗濯機に入れるときは、ひとつひとつをひろげて入れ、畳まれたままにならないよう確認します。


    洗濯ネットに入れて「弱」、「40℃のぬるま湯」で洗ってください。




  1. 洗剤

香りのするデリケート洗剤か、漂白成分の含まれない液体洗剤を使用してください。粉末洗剤やアルカリを含んだ洗剤は使用せず、水が生地に触れる前に、洗剤はすっかり溶かしてください。使用量は、水の硬度や洗濯物の汚れ具合次第です。通常洗剤パッケージに表示されている規定量は多目に設定されているので、少な目に使用してみてください。



  1. 乾燥

・タンブル乾燥の場合は低めの温度で、乾燥し過ぎに注意してください。生地の性質上、加熱しすぎると生地を傷める可能性があります。低い温度で使用し、少し湿り気が残っているくらいで取り出してください。


乾燥機を使用するとき、高温では決して乾かないでください。 調節可能であるならば、中程度の風量と回転にしてください。


シーツとピローケースを傷めないように、完全に乾く前にドライヤーから取出して、そっとたたんでおいてからアイロンをかけます。


干す場合は、それぞれを広げて振ってしわをのばしてから。色物は直射日光に当てないようにしてください。太陽の光で白く輝いてみえますが、長時間あてると黄ばみの原因になります。


ウールやデリケートなアイテムは垂直に干さないこと。必要以上に乾燥させないように注意してください。



  1. アイロン

コットンには中~高温度のスチームアイロンを使ってください。リネンには高温にセットして必要に応じて霧吹きを使用してください。 刺繍されたリネン類は、良い仕上がりになるように、少し湿り気のあるうちに裏側からアイロンをかけます。 スプレーのりは使用せず、取り扱い表示ラベルを参照して適当な温度を選んでください。 コットンとリネンは中~高温度、(シルクとウールは低)。 タオル類は柔らかさと吸収性を保護するために、アイロンはかけないでください。



  1. ドライクリーニング

シルク、ウールやカシミアなどの高級繊維のクリーニングは、専門店に依頼しましょう。キルト、ベッドスプレッド、毛布のような高級なアイテムが縮まないようにドライクリーニングをお勧めします。高級リネンや天然繊維などの取り扱い経験の豊富なプロのドライクリーニング店を利用してください。



  1. 保管

リネンは、涼しく乾燥した、換気のよい場所に折り畳んで保管します。天然繊維に呼吸をさせてあげるため、長期的にリネンを保管する場合はビニール袋や箱にしまうのはやめましょう。また直射日光にさらさないように注意してください。日光はリネンに黄変を引き起こす可能性があります。さわやかで清潔な香りの保管場所にしてください。



適切なお手入れを続ければリネンは洗うたびに、しっくりと馴染んでくることでしょう。

刺繍サービス800円


SALE情報をGETしよう


カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 配送はお休み致します

ページトップへ