店長日記

シーツをパリッとしたままにしておく3つの方法

ストレスいっぱいの長い一日を終えてベッドにもぐりこむとき、清潔なパリッとしたシーツを感じるほど気持ちのいいものはありませんね。けれども数日使用したり、あるいは数回洗濯をしたりすると、パリッとした新鮮さをいつまでも保つのは難しいものです。そんなシーツの新鮮さを長く保つ方法があるのです。

1. お日様にあてて乾かす

衣類乾燥機はシーツの繊維を長い間には徐々に破壊してしまいます。夏の間はほんの数時間日干しをすると、シーツはパリッとした気もちのよい状態になります。一年中室外で干すことは無理かもしれませんが、間違いなくシーツの新鮮さをより長く保てることになります。ゴワゴワになりすぎてしまったときは、数分衣類乾燥機にかけると硬さが調節できます。

2. 素材がすべて

丈夫で張りのある状態をもっとも長く保てる素材はどれでしょうか。たくさんの素材があるなか、見極めるのはなかなか難しいことです。専門家たちは100%コットンが理想的とし、さらに100%オーガニックコットンならば最高であると答えます。しわや毛玉がすぐにできてしまうサテン、マイクロファイバー、リネンのシーツはやめましょう。縦と横の糸が交互に浮き沈みさせて織られる平織がもっとも丈夫です。180以上のスレッドカウントのものを選ぶか、パーケールという表示のあるものを選びましょう。スレッドカウントが高いもののほうが、張りのあるさらりとした感触のシーツになるというひとは多いですが、スレッドカウントは300のものが最高だと思う人もいます。

3. アイロンで

最後の手段ですが、しわを伸ばしてパリッとさせるためにはアイロンをかけます。アイロンかけは大変だというひともいるでしょうが、パリッとしたシーツをみればなかなかいいものと思えるかもしれません。湿り気の残っているうちにアイロンをかけ、そのあとできるだけ早くベッドにセットするか、畳んでください。.

よいシーツ素材を選び、手入れをきちんとすれば、くつろぎのある心地の良い素敵なベッド環境を作れることでしょう。

コメントする

名前

URL

コメント

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!





アウトレット


刺繍サービス800円


SALE情報配信します




メディア掲載


カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 配送はお休み致します

ページトップへ